読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月に群雲

切り替えながら、進むのさ。

繰り返しにならないために

頼まれると嫌とは言えない性格なんだな。それで自分の首を絞めてるとこ、あるのに。結果、周囲に迷惑が及ぶくらいなら、早めに、キツめに、嫌と言っちゃう方がよい。なんてことを実行したので、少し気分は晴れ晴れ。

淡い予感

昨日は用事を済ませに、都会まで出た。片道一時間強、列車一回乗継。蒸し暑かったせいもあり、行きの時点で疲れてしまった・・・。都会には都会の疲れがあるのだけれど、活気のおかげで肉体的な疲労を感じずに済んでるところはある(誤魔化せるというか)。…

そこに柵はない

自分が抗っていたことは「小さな箱に閉じ込められること」だと思っていた。だが正しくは「箱の中に入っている狭い視点の人たちに押し込められること」だったのだと、大きな視点をもってそこに容れてくれた人に触れ、思う。箱はあくまで枠であり、そこから出…

プロ、アフィショナード、ファン。

アフィショナードはスペイン語で、日本では「愛好家」と訳される。プロとは、あるものを生業としている者で、ファンは、あるものが好きな人のことを言うなら、その中間的存在が、アフィショナードだと捉えてみるとわかりやすい(正確には「中間」ではなく別…

7月

そして一か月が過ぎた。都会でのいろんなことに疲れてここへ来たというのもあるから、あまり無理はしない方がいいのだが、力加減を調整しつつ、新しいことに着手することにした。このあたりで、いろんなことが見えてくる。距離をおいたことは正解だった。「…

6月

田舎に引っ越してきて二週間が過ぎた。海に近いので海産物が美味しいが、それ以上に野菜と果物が売りの農業の町。今の時期はトマト。ミニトマトを買って来て、オーブンの低温で焼いてオリーブオイルに漬けた。そのセミドライトマトの美味しさに、ちょっとし…

フリーランスはフリーダム

以前ここに、「フリーランスなんだから自分で仕事を選べばいいんだよ」と言われ、はっと目が覚めた、というようなことを書いた。今、やっとフリーランスの立ち位置というか、あり方というものを会得している。 お金にならないものは仕事ではない、と思ってい…

近況・5月

引っ越し準備は着々と進んでおります。と言いたいところですが、まだ引っ越し準備まえの断捨離段階なので、「遅々として進まず」と言うべきなのかもしれません。引っ越しにお金がかかるのは勿論ですが、大型ごみを出すことからしてもお金がかかる。先立つも…

仕事

混乱に乗じて悪事を働く輩ばかりでなく、日頃のストレスを発散させようとする人たちはいる。誰かの失言を流布したり失言じゃないのに「不謹慎だ」と噛みついたり。寄付したり、祈ったりと、やることは何かしらある。だから私はたとえ後からめんどくさい人に…

ターミナル

私が今住んでいる場所は、都会だけれど人生の殆どを過ごした場所だけれどどこか終の棲家というよりは、中継点のような土地だった。どこかへ行って、帰っては来ても次のどこかを、絶えず探している。多分私の人生が、そんなものなのかもしれないしそうでない…

頭ばっかりでも

「あなたは頭から疲れて体に異変が起きるタイプだから、頭のマッサージが何より重要よ」と、リンパマッサージ師に言われた。いろんなことを考えすぎるタイプだと、自分でも思う。そういう時の気晴らしは人により様々だけど、「美味しいもの飲んで食べて」で…

多分、全ては自分を大事にするところから。

私の最近の愚痴を読まされている方々、いつもすみません。ある人によく言われるのですが「すごく出来る人と思われやすいのよアナタ」というのがあって・・・・。なんというか、 期待値を丸かぶせされやすいし、あと、断り下手というのも原因のようです。うー…

環境が変わる前

「最近、人間関係が変わる節目なのか、今まで見えなかったものが見えてきたり、見えてたけれどそのままにしてきたことがやけに気になったり、ってことが多いのよね」と夫に言ったら、「俺もだよ」。そうか。そういう時期なのか。

Goodbye Days

愛犬を迎え、看取った家。列車が窓から見える家。西陽で部屋中がオレンジに染まる家。そこともいつかお別れだ。思い出のひとつひとつを愛おしみながら、荷造りしていこう。

Goodbye Happiness

宇多田ヒカルが、朝ドラの主題歌担当というニュース。 彼女の歌で好きなのはいくつもあるけれど、一番印象的なものはこれ。「しあわせよ、さようなら」なんてすごくシニカルじゃないですか。 宇多田ヒカル - Goodbye Happiness 昨夜、ふいに13歳ごろの感情が…

告白

もう何年も前から、今置かれている場所とは真逆の方向に行きたいという願望があって。 おそらく自分は、村上春樹の言うところの「小確幸」さえあれば生きていけるという、欲の薄い人間だ。なのに消費文化促進のための記事を書いたり。そのための収入を確保し…