読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月に群雲

切り替えながら、進むのさ。

歌とワインと愛さえあれば

diary

月に一度、シャンソンのレッスンをしてくれるという喫茶店に行ってみたら、
「今はやってないんです」と申し訳なさそうに言われた先週。

それでも何かのきっかけになればと、同喫茶の月一回の催し"歌声喫茶"に参加した。

f:id:rocio0116:20151117183159j:plain

昔の若者たちと歌い、ケーキセットをいただき、さぁ帰ろうかねと席を立ったら、
「今日はママが来てますから、シャンソンのお教室のことをぜひ訊いてください」と、
先週のチィママさんが駆け寄ってきて私に言った。

その場でシャンソンの先生と電話でやりとりでき、まずはカルチャーセンターの見学をさせてもらうことになった。
「道が開けて良かったわねぇ」とママに言われる。そうか。そうだな。

f:id:rocio0116:20151117184043j:plain

実は今日はあまり、外出に気が進まなかったのだ。
先週いろんなことがありすぎて、けっこう打ちひしがれていたのだが、
出てみて良かった。

"歌声喫茶"でアコーディオンを弾いていた人は、
知人行きつけのイタリアンレストランでよく弾いているという。
今度、誰かを誘って行こう。

喫茶店と同じ並びのフレンチレストランでは、トリコロールが掲げられていた。