読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月に群雲

切り替えながら、進むのさ。

信心の意味

monologue

「参り」と「詣で」の違いを検索してみた。

「参り」は、神様に呼ばれて行くもので、「詣で」は自分から神様に会いに行くもの、とあった。
わかったような、わからないような。

「願掛けをしたい」「それが叶った報告をしたい」という何らかの強い目的があって行くのは「詣で」なんだそうだ。
では「朔日参り」はどうなのか。

「参り」なので、「~できますように」とお願いするのとは違うだろう。
毎月ついたちに「今月も色々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします(お付き合いください)」という、ご挨拶のようなものらしい。
成程。

神頼みというけれど、欲を叶えてもらうために参拝に行くというのは、実はあまり好きじゃない。
台湾ではいろんなお寺を回り、その都度お祈りしてきたけれど、これといって願いごとのない私はサクッと挨拶程度。
長々とお祈りしている人に申し訳ないくらいだった。

帰って来てからの私がしているのは、朔日参りくらい。
それで精いっぱい、それでいいんだろうな。

f:id:rocio0116:20161102141900j:plain




広告を非表示にする