何たべる?お酒もあるよ。

料理とお酒の組み合わせを楽しむ日々。

牛肉と、赤ワイン

最近続いています。

f:id:rocio0116:20180114203026j:plain

f:id:rocio0116:20180114203046j:plain

ハッシュドビーフっぽいのが食べたくなり。
牛肉がちょっとだけだったので、玉葱をその分増量。
角餅っぽいのはじゃが芋(笑)。

南アフリカのカベソー×メルロー
今まで南アはピノタージュしか飲んでいなかったことにこの時気づきました。
昨年度の旨安ワインのうちのひとつだったらしく、うん、なかなか飲みやすくて美味しい。
でも翌日になったら香りが飛んでいたので、早く飲みきった方がいいかもですね。

f:id:rocio0116:20180114203751j:plain

そして今日は、賞味期限を一日越えた(一日チルドでしのいでいた)国産牛肉をステーキに。
dancyuの"味噌ソースステーキ"レシピのとおりに、ソースとマッシュポテトを作り肉を焼いたのですが、肉が薄かったので見た目貧弱に・・・。
しかし国産牛だったせいか肉はサシの入りのバランスが良く、冷めても柔らかく旨みがありました。
「こういうの"ステーキ弁当"とかいって白米にのせて売ってるよねぇ~」と言いながら、大丸のお肉屋さんはやっぱりいいもの置いてるわねともぐもぐいただきました。
薄くたって文句は言えないか、タイムサービスで600円値引きしてもらえたんだから。

ムートン・カデは、最近造りを変えて品質向上したとか聞いたので買っておいたものです。
確かに味の深みが増した気がしなくもない、かなり脚が長い(粘着性が強い)し。
ま、相変わらず美味しいです。

~小話~
ムートン・カデはCH.ムートンのかなりデイリーなバージョンとして流通するワインです。
コスパが高く安定した品質なので、うちの食卓にはよくのぼります(カンヌ映画祭リミテッド・バージョンのボトルも好きです。ミーハー)。
こんな私でもムートン・ロスチャイルドは試飲会で一度だけ飲んだことがありますが、私らしいといいますか、そういう場でもファーストよりプティ・ムートンの方が美味しいと思いました・・・庶民寄り。