何たべる?お酒もあるよ。

日常的料理とお酒の組み合わせ

好きなものは掘り下げる。

「カレーを食べたい」と母が言うので(というか、たまには台所に立たせないと私の腕がなまると言うので)チキンカレーを作成。

なんかトマトっぽく仕上げたいなぁ~と思い、いろいろ赤っぽいものを入れてみました。
まぁ食べやすくなったのでいいでしょう。

f:id:rocio0116:20170922093424j:plain

近所のスーパーにはなかったのに職場にはあったw
Fb繋がりのメーカーさん強力プッシュのイタリアワイン。
高いから近所には置いてないのかと思ったらそんなことない、千円ちょっとのお値段。
こういう時、バイヤーというか店舗の仕入れ担当者の好みがわかります。
なんでだかくやしいけど、今の職場の仕入れセンスと私の好みは合うようで・・・。

さてお味は。

f:id:rocio0116:20170922094205j:plain

こっくりと深く、ややジャムのような甘さがあります。
母は気に入ったので、買い置き商品になりそうです。
うん、確かに飲みやすい。

f:id:rocio0116:20170922094407j:plain

エチケットを見たら、ネロ・ダヴォラが入ってます。
シチリアの重い甘さのぶどう品種です。
そういえばロッソ・イブレオ好きでした。

「この料理にはこのワイン(逆も然り)合わせようってついつい考えて検証してしまうけど、それっておかしいのかしら」という話になり、「そこまでの執着もってる人ってそういないかもね」という結論に至りました。
まぁ最終的には好みの問題なんですけど、あれこれ考えて発見があればより楽しいのにね、と思う時点でマニアックですかしらね。

黒猫のジンクス

焼きそばが食べたくなり(私の好みはガラムマサラがけ)

f:id:rocio0116:20170919082606j:plain

ジンをお供にしました。

ブードルスは空けてしまったので、新規開拓を・・・と購入したボトルを開栓。

f:id:rocio0116:20170919082622j:plain

これ!
美味しいです!
"ジンクス" オールドトムジン

ボトルの裏側にプリントされた黒猫は、正面から見ると笑って見えます。
この人は「トムキャット」という名前らしいです。
不思議の国のアリス』のチェシャキャットみたいです。
"ジンクス"というからには、何かのゲン担ぎ?
それともシャレ?

マイルドな甘さがあり、いつも用意するライムジュースの必要がないほどの風味の良さ。
調べてみると、ジュニパーベリーの他に、リコリス、スウィートオレンジピール、ビターオレンジピール、レモンピール、グレインズオブパラダイス、コリアンダーシード、アンゼリカルートの計8種類が使われているそうで、通常のジンよりオレンジピールの使用量が多いらしいです。
道理で。

お酒が美味しいせいか、焼きそばもたいそう美味に感じられました。笑。

広告を非表示にする

甘めの白

オーストラリアのリースリング×トラミナー

f:id:rocio0116:20170916082050j:plain

初日は、白身のお肉(チキン)と。

f:id:rocio0116:20170916082201j:plain

翌日は中華と。

デパートの催事のおみやげ ミニ小籠包スープ入り

f:id:rocio0116:20170916082300j:plain

ズッキーニとしめじとエリンギと豚肉炒め 五香粉風味と。
五香粉(ウーシャンフェン)は、やっぱり万能ですな。

このワイン、コスパ高いのでまた買ってこよう。


広告を非表示にする

ラムしゃぶ あとさき

肌寒くなってきたので。

f:id:rocio0116:20170914130902j:plain

ケンミンショーでも紹介されていた、ラムしゃぶの夕食。
野菜は、もやしとエノキダケと白菜(追加)。
おろしポン酢でいただき、チリのピノノワールの残りと。

f:id:rocio0116:20170914131348j:plain

〆はラーメン投入、といきたかったのですがもう満腹で、翌日取っておいたスープの灰汁と脂をとり、出汁と塩を加え、あらためて。

鶴沼ワインフェスで食べた、シュウパウローの味を思い出しました。

赤が恋しい季節

朝晩に肌寒さを感じる日が続くと、それが来たなと思います。

f:id:rocio0116:20170904175201j:plain

豚肉と玉葱をトマトベースで煮たものの、味がまとまらなかった一品に、カレールウひとかけとエリンギと赤ワインを足したら、バッチリでした。
名もなき料理。
ワインはかなりこっくりしたイタリアもの。

広告を非表示にする

助っ人

「晩ごはんはありあわせのもので済まそう」という時。

主役が肉だったり魚だったり、ごっちゃだったりして
合わせるワインも白にしていいのか赤にしていいのか、
あるいはどちらかがなかったりしたした場合。

助っ人として現れる"ロゼワイン"。

f:id:rocio0116:20170830083444j:plain
アンチョビと白菜のパスタにも

f:id:rocio0116:20170830083627j:plain
豚しゃぶにも

合います。はい。
特にこのボルドーのロゼは、いい意味で個性が強くないです。

f:id:rocio0116:20170830084029j:plain
色も綺麗なサーモンピンク(カベルネソーヴィニヨン×カベルネフラン×メルロー)。


ロゼのストックは多めにしておきましょう。








広告を非表示にする