何たべる?お酒もあるよ。

日常的料理とお酒の組み合わせ

安定のマンサニージャ

f:id:rocio0116:20171017191826j:plain

寒くなってきたので、ワインは赤を飲むことが増えました。
といっても、食べるものによっては白でないと~という時もあり、安全パイにシェリー酒を。

シェリーはクセがあるけれど私は好きなのです。
しかも(わりと)日持ちする。

母の新篠津みやげのアイスプラントとトマトでサラダ。
油を切ったオイルサーディン缶にパン粉をのせて焼いた、お馴染みのつまみ。
食べやすい種子抜き黒オリーブ。

初回はスタンダードにバルつまみっぽい物も入れましたが、シェリー、和食にも合いますよ。

そしてもうひとつのつまみは。

今日、「ワインに関する本を何か・・・」と思い書店に寄りましたが、ワインのいろはに関する本なら資格を取るわけでもないので今更・・・と。
じゃあ「このワインにはこのつまみ!」というようなマリアージュ的なものか?と考えるも、そこにセオリーはないし、こんな好き勝手ブログ書いといて今更・・・と。

で。
見た目キレイで妄想を誘うものにしました。
こういう本をワインにハマりたての時によく読んでいた事を思い出しながら、利酒師試験の時にもらったグラスで、シェリーを空けました。

 

中華ですもの

f:id:rocio0116:20171006134830j:plain
紹興酒

父はザラメを入れるのが好きでした。
私はマグにお湯割りで(紅茶にあらず)。

広告を非表示にする

ニョッキと甘い酒

数年ぶりにニョッキを作りました。
これまた『旅するイタリア語』でロザンナが作っていたもので(笑)。

20年以上前に初めて食べて、しばらくの間すっかりハマっていたニョッキ。
自分でミートソースも作ってと、手間暇かけてたなぁ・・・。
今ではさっぱり作らなくなっていました。
そんな時に映像でアピールされてしまったので(←影響受けやすい)。

今回は母の希望でホワイトソース。

f:id:rocio0116:20170930082729j:plain

適当に作ったわりには、手が覚えていました。
ソースのベーコンと玉葱が、いい味出してます(自画自賛)。
予想通りに料理できた時の達成感を、久しぶりに味わいました。

ワインは昨日のランブルスコなんかぴったりだったんですが飲み干してしまって、在庫からカナダのアイスワインを取り出してきました。

f:id:rocio0116:20170930083106j:plain

去年の今頃、購入したものだったと思います。
大事に取っておいたのですが、新しい二本が来月届くので開けてみました。

落ち着いた、いい味わいです。
次はお酒だけでじっくり味わおう。

広告を非表示にする

オールラウンドプレイヤー

もともと好きなお酒ではありましたが、『旅するイタリア語』再放送を観ていて、ランブルスコが気になって。

近くのお店では、なかなか美味しいと思えるものに出会わない。
うーんと思っていたら、なんとコンビニにありました。
前にネロダヴォラを紹介していたパスクァのランブルスコが!

f:id:rocio0116:20170929103241j:plain


f:id:rocio0116:20170929103424j:plain

きのこチーズオムレツと合わせました。
低アルコール微発泡、特にこのランブルスコはぶどうのフレッシュさが感じられ、渋さがなく飲みやすいです。
しかもお値段アンダー千円!
ここの店長グッジョブです!お顔は存じ上げませんが。
ずっとこのランブルスコは入れていてほしい・・・。

ちなみに、塩サバともケンカしませんでした。
ますます切らせません・・・。



好きなものは掘り下げる。

「カレーを食べたい」と母が言うので(というか、たまには台所に立たせないと私の腕がなまると言うので)チキンカレーを作成。

なんかトマトっぽく仕上げたいなぁ~と思い、いろいろ赤っぽいものを入れてみました。
まぁ食べやすくなったのでいいでしょう。

f:id:rocio0116:20170922093424j:plain

近所のスーパーにはなかったのに職場にはあったw
Fb繋がりのメーカーさん強力プッシュのイタリアワイン。
高いから近所には置いてないのかと思ったらそんなことない、千円ちょっとのお値段。
こういう時、バイヤーというか店舗の仕入れ担当者の好みがわかります。
なんでだかくやしいけど、今の職場の仕入れセンスと私の好みは合うようで・・・。

さてお味は。

f:id:rocio0116:20170922094205j:plain

こっくりと深く、ややジャムのような甘さがあります。
母は気に入ったので、買い置き商品になりそうです。
うん、確かに飲みやすい。

f:id:rocio0116:20170922094407j:plain

エチケットを見たら、ネロ・ダヴォラが入ってます。
シチリアの重い甘さのぶどう品種です。
そういえばロッソ・イブレオ好きでした。

「この料理にはこのワイン(逆も然り)合わせようってついつい考えて検証してしまうけど、それっておかしいのかしら」という話になり、「そこまでの執着もってる人ってそういないかもね」という結論に至りました。
まぁ最終的には好みの問題なんですけど、あれこれ考えて発見があればより楽しいのにね、と思う時点でマニアックですかしらね。

黒猫のジンクス

焼きそばが食べたくなり(私の好みはガラムマサラがけ)

f:id:rocio0116:20170919082606j:plain

ジンをお供にしました。

ブードルスは空けてしまったので、新規開拓を・・・と購入したボトルを開栓。

f:id:rocio0116:20170919082622j:plain

これ!
美味しいです!
"ジンクス" オールドトムジン

ボトルの裏側にプリントされた黒猫は、正面から見ると笑って見えます。
この人は「トムキャット」という名前らしいです。
不思議の国のアリス』のチェシャキャットみたいです。
"ジンクス"というからには、何かのゲン担ぎ?
それともシャレ?

マイルドな甘さがあり、いつも用意するライムジュースの必要がないほどの風味の良さ。
調べてみると、ジュニパーベリーの他に、リコリス、スウィートオレンジピール、ビターオレンジピール、レモンピール、グレインズオブパラダイス、コリアンダーシード、アンゼリカルートの計8種類が使われているそうで、通常のジンよりオレンジピールの使用量が多いらしいです。
道理で。

お酒が美味しいせいか、焼きそばもたいそう美味に感じられました。笑。

広告を非表示にする

甘めの白

オーストラリアのリースリング×トラミナー

f:id:rocio0116:20170916082050j:plain

初日は、白身のお肉(チキン)と。

f:id:rocio0116:20170916082201j:plain

翌日は中華と。

デパートの催事のおみやげ ミニ小籠包スープ入り

f:id:rocio0116:20170916082300j:plain

ズッキーニとしめじとエリンギと豚肉炒め 五香粉風味と。
五香粉(ウーシャンフェン)は、やっぱり万能ですな。

このワイン、コスパ高いのでまた買ってこよう。


広告を非表示にする